beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[日本高校選抜選考合宿]矢板中央DF星キョーワァン(3年)「ハートとか、身体とか、キャプテンシーとか、そういう部分でやっていきたい」

このエントリーをはてなブックマークに追加
 第94回全国高校サッカー選手権の優秀選手を中心に構成された日本高校選抜候補合宿が7日から静岡県内で行われている。合宿は8日に駒澤大と練習試合を行い、9日午後に解散する予定。最終的に18名が3月に欧州遠征を行い、第54回デュッセルドルフ国際ユースサッカー大会(ドイツ)に出場する。

 3年連続で選手権出場。矢板中央高の最終ラインで抜群のキャプテンシーと、得意の空中戦含めて高いディンフェンス力を発揮したCB星キョーワァン(3年)が選手権で印象に残った試合と今回の高校選抜選考合宿について、そして16年の意気込みについて語った。

以下、星コメント
矢板中央高DF星キョーワァン(3年)
―予選も含めて選手権で印象に残った試合は?
「印象に残っている試合は初戦の大分戦です。1点最初失点して前半終えて、自分がいた3年間ずっとそのような展開だったけれど、(昨年度大会、今年度大会と)そこから逆転できたのは凄く強みになったと思いましたね」

―今回の日本高校選抜選考合宿で感じたこと、意気込みなどを
「みんな凄く技術があって上手い。(一方で)自分はそんなに技術はないですし、自分はハートとか、身体とか、キャプテンシーとか、そういう部分でやっていきたいと思っています」

―16年の意気込みを教えて下さい
「高校で日本一取れなかったので大学(駒澤大)で試合に出れるように身体をつくって、試合に出て、そこで日本一を取れるように頑張りたいです」

(写真協力『高校サッカー年鑑』)

(取材・文 吉田太郎)
▼関連リンク
【特設】高校選手権2015


TOP