beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[ニューイヤー杯]清水がJ2対決を制す…北九州は未勝利終戦

このエントリーをはてなブックマークに追加
[2.10 ニューイヤー杯鹿児島R 清水1-0北九州]

 ニューイヤー杯の鹿児島ラウンドは10日に最終日を迎え、清水エスパルスギラヴァンツ北九州を1-0で下した。清水は2勝1敗、北九州は1分2敗で大会を終えた。

 今季よりJ2を戦う清水が、同カテゴリーの決戦を制した。しかし結果は後半2分にFW大前元紀のFKから奪ったオウンゴールによる1点のみ。DF角田誠と競り合ったDF市川恵多の頭に当たってゴールに吸い込まれていった。

 試合を振り返った小林伸二監督も「全体的に重い試合になってしまった」と渋い顔。「リスタートのセカンド(ボールへの対応)が緩い」などの課題を挙げた。

 未勝利で大会を終えた北九州。しかし柱谷幸一監督は「守備はキャンプで取り組んできたことが出せた」と手ごたえを語る。ただ、攻撃面に関しては「全体のクオリティを上げないといけない」と話した。


●2016シーズンJリーグ全クラブ練習試合


TOP