beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

悪ふざけ?愛情?浦和マスコット「レディア」の“逆選挙活動”に槙野やOBが反応

このエントリーをはてなブックマークに追加
 Jリーグマスコット総選挙の結果で、浦和レッズのマスコットキャラクター『レディア』が最下位になったことに選手やOBが反応して話題になっている。

 同企画は13年より始まったもので、今年で4回目。「Jリーグマスコット総選挙投票ページ」の各マスコットごとの投票ボタンを押してツイートする形で、投票を受け付けていた。12日に投票が締め切られ、16日より段階的に最終結果が発表になっている。

 下位から順番に発表になったことで、16日に最下位が判明。39のキャラクターの中で、浦和のレディア(写真)が最下位になった。今月2日に発表された中間発表では37位だったが、ザスパクサツ群馬の湯友(ゆうと)、JリーグのJリーグキングにかわされた。

 J屈指の人気を誇るクラブのキャラクターが最下位になったことは驚きだが、裏で「逆選挙活動」が行われていた模様だ。レディアは14年のマスコット総選挙でも最下位になった。このことが浦和レポーターの間で話題になり、今回も「最下位にしよう」という運動が広がったとみられる。悪ふざけとも取られかねない行動だが、もともと人気の低いキャラクターだということで、逆に最下位になることで注目を集めさせようとした、サポーターの愛情だったのかもしれない。

 しかしこの結果にDF槙野智章が反応。この経緯を踏まえているかは分からないが、ツイッターで「浦和レッズのマスコット、『レディア』君。最下位じゃないか…何故もっと露出しない…何故もっとアピールしない…悔しくないのか!?」と投稿した。

 クラブOBの水内猛氏は「それはレッズの試合がある時はマスコットがどうこうするより、サッカーの試合を観て欲しい!マスコットは要らない!マスコットでお客さんを呼ぶわけではない!…そんな所があるんだよね!浦和レッズはサッカーでお客さんを呼ばないと!」と持論を語った。

 ただ水内氏はこの投稿後に「レディアが要らないというわけではないです!スタジアムでは選手が試合を盛り上げる!それが浦和レッズだと思ってます。もちろんレディアがチームの為に頑張ってくれているのはわかっています。レディアごめんね」と釈明している。


TOP