beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

広島、まずは1つ目のタイトル獲得! 先制点の寿人「やりましたー!!」

このエントリーをはてなブックマークに追加
[2.20 富士ゼロックススーパー杯 広島3-1G大阪 日産ス]

 開口一番「やりましたー!!」と喜びを爆発させた昨季Jリーグ覇者サンフレッチェ広島のFW佐藤寿人。スコアレスで折り返した後半6分に右サイドからDF塩谷司が上げたクロスを佐藤が滑り込みながら、GK東口順昭の前で右足で合わせ、チームを勢いづける先制点を挙げた。その後、1点を返されたが、広島は3-1で勝利し、2014年大会以来、2年ぶり4度目の制覇になった。

「しお(塩谷)といいイメージの共有ができたので、いいアシストしてくれたしおに感謝したいです」

 まずはタイトルを1つ獲得した広島だが、この余韻に浸ってばかりはいられない。中2日の23日にホームでAFCチャンピオンズリーグのグループリーグ初戦・山東魯能(中国)戦、来週27日にはJリーグ開幕戦となる川崎F戦を控えている。「4度目の富士ゼロックススーパー杯を取って、またすぐACL、リーグと始まるのでいい弾みになるんじゃないかと思います」と、いいスタートを切れたと語った。

 現在、FW中山雅史の持つJ1通算最多得点記録157得点と並んでいる佐藤は、新記録樹立が期待されており、前人未踏の13年連続2桁得点も注目されている。「フォワードとして常に得点を奪っていけるように努力していきたいと思います」と謙虚に語る佐藤は、「2桁はもちろんそうですけど、1点でも多くゴールを決めて4つ目の星をつけられるように頑張っていきたいと思います」。胸に輝く優勝の星を増やすために佐藤が泥臭く前線からチームに貢献する。


TOP