beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

バルサが独走態勢に…レアルに続きアトレティコも痛恨ドロー

このエントリーをはてなブックマークに追加

[2.21 リーガ・エスパニョーラ第25節 A・マドリー 0-0 ビジャレアル]

 リーガ・エスパニョーラ第25節が21日行われ、ビジャレアルをホームに迎えたアトレティコ・マドリーが0-0で引き分けた。

 前節終了時点でアトレティコに勝ち点6差をつけて首位に立っていたバルセロナが、前日に行われたラス・パルマス戦で勝利したため、絶対に勝ち点3を獲得したいアトレティコだったが、前半をスコアレスで折り返す。

 後半9分にアトレティコが好機を生み出したものの、右サイドからPA内に進入したFアンヘル・コレアが放ったループシュートはGKアルフォンス・アレオラに弾き出されてしまった。その後も攻勢を掛けるアトレティコだったが、同40分のFWフェルナンド・トーレスのシュートがアレオラの正面を突くなどゴールを奪うことができず。試合はスコアレスドローに終わった。

 この結果、2位アトレティコと首位バルセロナとの勝ち点差は8に。さらに3位のレアル・マドリーもマラガとドローに終わっており、レアルとバルセロナの勝ち点差は9に広がっている。


●リーガ・エスパニョーラ2015-16特集


TOP