beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

J王者・広島は黒星発進…ホームで痛恨の逆転負け

このエントリーをはてなブックマークに追加
[2.23 ACLグループリーグ第1節 広島1-2山東魯能 Eスタ]

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)が23日、開幕し、各地でグループリーグ第1節を行った。2年ぶりの出場となったJリーグ王者のサンフレッチェ広島はホームに山東魯能(中国)を迎えたが、1-2の逆転負けで黒星発進となった。

 広島は20日の富士ゼロックススーパー杯(3-1)から先発6人を変更。DF水本裕貴、MF清水航平、MF丸谷拓也、FWピーター・ウタカ、FW浅野拓磨、FW皆川佑介が今季公式戦初先発となり、富士ゼロックススーパー杯で負傷交代したFW佐藤寿人はベンチ外だった。

 元ブラジル代表監督のマノ・メネーゼス監督が率いる山東魯能はプレーオフを勝ち抜いて本戦に出場。ブラジル代表歴のあるDFジウ、FWジエゴ・タルデッリ、アルゼンチン代表歴のあるMFワルテル・モンティージョも先発した。

 序盤から試合の主導権を握る広島だが、なかなか決定機をつくれない。前半45分、MF青山敏弘のパスをウタカがダイレクトで流し、浅野がゴール前に抜け出すと、GKとの1対1から右足でループシュート。GKの頭上を越したが、惜しくもゴールラインぎりぎりでDFにクリアされた。このプレーで獲得した左CK。清水のキックからゴールネットを揺らしたが、ゴール前で相手GKに対する皆川のファウルを取られ、ノーゴールの判定だった。

 スコアレスで折り返した後半も広島のペースで進む。後半5分、丸谷のミドルシュートはクロスバーを越えたが、同19分にようやくゴールをこじ開けた。右サイドをオーバーラップしたDF塩谷司のクロスに皆川が競り合い、こぼれ球を清水が左足でボレーシュート。豪快なひと振りがゴール右隅に突き刺ささり、先制点を奪った。

 直後の後半20分、皆川に代えてMF柴崎晃誠を投入した広島はウタカが最前線に入る。ところが同22分、山東魯能は左CKにニアで合わせたFWヤン・シュがヘディングシュートを流し込み、1-1の同点。さらに後半33分、右サイドを突破した途中出場のMFウー・シンハンが水本をかわしてゴールライン際までえぐって折り返し、タルデッリが左足ボレーを叩き込んだ。

 逆転を許した広島は必死の反撃に出る。後半40分からは浅野に代わってMF野津田岳人が登場。昨年12月10日に行われたクラブW杯のオークランド・シティ戦で右膝内側側副靭帯を損傷し、長期離脱を強いられた五輪代表候補が約2か月半ぶりに実戦復帰を果たした。同45分には野津田の右CKからDF千葉和彦が決定的なヘディングシュートを放つが、GKが好セーブ。試合は1-2のままタイムアップを迎え、ホームで痛恨の逆転負けを喫した。

●ACL2016特設ページ


TOP