beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

戻ってきたクリスティアーノがいきなり2発! 甲府がJ1開幕戦&“鬼門”神戸で初勝利

このエントリーをはてなブックマークに追加
[2.27 J1第1ステージ第1節 神戸0-2甲府 ノエスタ]

 J1リーグは27日、2016シーズンが開幕した。これまでJ1開幕戦成績は1分5敗で、ノエビアスタジアム神戸で過去4戦4敗だったヴァンフォーレ甲府が2-0でヴィッセル神戸に勝利。開幕戦を制するとともに待望のノエスタ初勝利となった。

 立ち上がりから攻め込んだ神戸は前半6分、MF石津大介が右サイドからカットインして右足ミドル。GK河田晃兵に止められ、神戸は前半このシュートのみにとどまった。対する甲府は今季柏から復帰したFWクリスティアーノとFWニウソン、FW稲垣祥の前線3選手のコンビネーションから神戸ゴールに迫った。

 すると前半42分、左サイドでニウソンのリターンを受けたクリスティアーノがPA左に侵入し、ボールを右足に持ちかえてシュート。DF岩波拓也に当たるもそのままゴールに吸い込まれ、甲府が先制して前半を折り返した。

 後半も甲府の前線3選手が神戸に牙をむく。3分、カウンターからニウソンが中央で味方の攻め上がりを待って左に展開。クリスティアーノのラストパスをPA右で受けた稲垣が左足シュート。これはゴール右に外れるが33分に追加点を挙げる。中盤で相手のミスを見逃さずにボールを奪うと、稲垣のパスを受けたクリスティアーノがゴール正面から右足一閃。低い弾道のシュートがゴールネットに突き刺さり、2-0とした。

 2点を追う展開となった神戸はサイドからクロスを上げる場面が多く見られたが、ゴールにはつながらず。後半のシュートも4本にとどまった。試合はそのまま2-0で甲府が勝利。J1開幕戦初勝利を飾るとともに、“鬼門”の神戸で5試合目にして初勝利を飾った。

●[J1]第1ステージ第1節1日目 スコア速報


TOP