beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

大卒ルーキー瀬川が2G1A!群馬が3季ぶりの1試合4発で単独首位に

このエントリーをはてなブックマークに追加

[2.28 J2第1節 群馬4-0岐阜 正田スタ]

 ザスパクサツ群馬がホーム開幕戦でFC岐阜に4-0で快勝し、4年ぶりの開幕戦勝利を飾った。4得点の圧勝で第1節終了時点ながら単独首位に。昨季は42試合を戦って1試合3得点以上の試合がなかったが、新加入選手3人でクラブとして3シーズンぶりとなる1試合4ゴールを記録。最高の形で新シーズンのスタートを切った。

 群馬は前半11分、MF瀬川祐輔の右CKにDF坪内秀介が頭で合わせ、先制点。磐田から完全移籍で加入した前橋育英高出身の新キャプテンがいきなりの移籍後初ゴールでリードを奪った。同34分には熊本から加入のMF常盤聡がPKで追加点。新戦力の活躍で前半を2-0で折り返した。

 先制点をアシストした瀬川は明治大から今季新加入したルーキー。後半15分にはMF高橋駿太の左クロスを左足で流し込み、デビュー弾となるプロ初ゴールを奪った。さらに後半38分、FW小牟田洋佑のポストプレーから瀬川が抜け出し、GKとの1対1から冷静に右足で追加点。Jデビュー戦の大卒ルーキーが2ゴール1アシストと大暴れした。

 CKから先制点を決めた坪内は試合後のインタビューで「瀬川くんからいいボールが来たので、ありがとうございます」と、アシストの瀬川に感謝。「今日と明日はしっかり喜んで、また気を引き締めたい。これに満足したらダメなので、次の金沢戦もしっかり勝てるように準備したい」と、キャプテンらしく手綱を締めることも忘れなかった。

●[J2]第1節 スコア速報


TOP