beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「公に謝罪して」元チェルシー女医がモウリーニョへ要求

このエントリーをはてなブックマークに追加
 チェルシーの元チームドクターであるエバ・カルネイロ医師は、ジョゼ・モウリーニョ元チェルシー監督に対して、「公に謝罪」することを要求している。

 カルネイロ医師は法的措置をとり、チェルシーに退職強要を認めさせたい考えだ。モウリーニョには差別があったと主張している。7日、カルネイロ医師と代表団はロンドンのクロイドン労働裁判所でチェルシー側と接触。チェルシー側はブルース・バックCEOも同席し、和解に向けた話し合いがあった。

 聴取の後、カルネイロ医師の弁護士であるメアリー・オルーク氏が、以下のように語っている。『ITV』などが伝えた。

「我々は今日の解決には期待していない。双方には大きな隔たりがある。また、我々はミスター・モウリーニョに、公に謝罪することを要求している」

 この騒動は、昨年8月に始まった。プレミアリーグ開幕戦のスウォンジー戦でMFエデン・アザールを治療するためにカルネイロ医師がピッチに入ったことで、当時の監督だったモウリーニョが叱責。退場者を出した中でアザールが一度ピッチを出なければいけなくなったことへの怒りをあらわにし、「軽率な」判断をしたカルネイロ医師を降格させていた。試合中に差別的な暴言があったとの疑いもかかり、大きな騒動となっていた。

 カルネイロ医師とチェルシーが和解に達しない場合、舞台は公聴会へと移る。泥沼となった別れの結末に、何が待っているのだろうか。

●プレミアリーグ2015-16特集
世界のサッカー情報はgoal.com


TOP