beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

内田がU-20W杯目指すU-19代表候補を激励!!「誰がどこで見ているか分からない」世界経て次のステージへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
 世界で自身の存在を示し、戦ってきた先輩の言葉が若き才能たちを刺激した。都内で合宿中のU-19日本代表候補は8日午後、GKを入れての8対8や6対5+GKのオフェンス・ディフェンスなどのトレーニング。今年10月にU-20W杯アジア最終予選(AFC U-19選手権バーレーン2016)を戦うU-19代表候補の選手たちは意欲的に汗を流していた。そのU-19代表候補を現在リハビリで帰国中の日本代表DF内田篤人(シャルケ)が激励。トレーニングをピッチ脇、スタンドから見つめた内田はトレーニング終了後、清水東高の先輩でもある内山篤監督率いるチームの前に立ち、メッセージを送った。
 
 年代別日本代表の後輩たちの視線を浴びる中で口を開いた内田は、半数以上がプロの選手たちに対して必要以上に語るのではなく、短めの言葉で世界へ出て行くことの重要性を語った。そして自身がケガを負った膝を大事にすることと「頑張れ」という言葉を微笑みながら伝え、選手たちと記念撮影も。練習会場を後にした内田は「(世界)大会ひとつ逃すと変な意味、スカウトの目もなくなっちゃう。誰がどこで見ているか分からない。そういう先のことを考えても(世界大会に)出ていた方がいい。世界を見るのもそうだし、世界に出ていくためにもU-20ワールドカップには出ていた方がいいと思います。きょう手倉森さんも見に来ていましたけれども、(U-)23への道もあるし、いいね、若いって。可能性は無限大ですよ」。この日はリオデジャネイロ五輪への出場権を獲得しているU-23日本代表の手倉森誠監督もU-19代表候補合宿を視察。彼らには自分次第でチャンスを掴む可能性がいくらでもある。

 内田は清水東高時代、静岡県選抜の一員として国体に出場したものの、所属チームでは激戦区・静岡を突破することができず、全国高校選手権や全国高校総体には一度も出場することができていない。それでも年代別日本代表の右SBとして多くのスカウトの視線を浴びたことでまた評価を高め、争奪戦の末に鹿島へ進むことを決めた。そしてすぐに名門クラブでスタメン起用されたDFは年代別日本代表としても06年のAFCユース選手権(現AFC U-19選手権)に出場。世界切符獲得に貢献し、翌07年のU-20W杯にもU-20日本代表として出場してベスト16入りを経験している。その後、鹿島、日本代表不動の右SBとして、ドイツの強豪・シャルケの主力として戦ってきた。

 内田やMF柏木陽介、DF槙野智章、MF香川真司らが出場した07年のU-20W杯を最後に日本は4大会連続アジア予選で敗退。U-20の世界大会に出場することができていない。この日刺激を受けた選手たちは、日本の世界大会出場のために戦うことはもちろん、個人としても欲を持って戦い、世界へ羽ばたいていくチャンスを掴むことができるか。先輩DFの言葉に、選手たちは確実に気持ちを奮い立たせていた。高校2年生ながらすでにG大阪のトップチームへ昇格しているMF堂安律は「やっぱり上の選手とやりたいですし、やるからにはプロなんでチャンス掴んで上に上がっていくしかない。そういう面ではきょうは刺激受けましたね」。また6日の甲府戦でJ1デビューを果たしているSB初瀬亮(G大阪)は「世界では自分の年でデビューしている海外の選手もいますし、年齢関係なく、世界に出れば、海外の目も向いてくると思いますし、そこへ行くためには日本で活躍しないと呼んでもらえない。(国内で活躍し、アジアを突破して)U-20ワールドカップに出たいと思います」と力を込めた。

 後輩たちにエールを送った内田は、U-19日本代表の選手たちに日本のサッカーを元気づけて欲しいという思いも口にした。「なでしこ負けちゃったし、フットサルも負けちゃったし、(日本が)あんまり最近元気ないんで頑張って欲しいと思っています」。U-19日本代表はもちろん、U-20W杯へ出場することを全力で目指している。この日、先輩からの言葉にまた世界への思いを強めたイレブンが、アジア突破に挑戦する。

(取材・文 吉田太郎)


TOP