beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

アンリ氏が夢の古巣指揮に一歩前進…A級ライセンス取得をSNSで報告

このエントリーをはてなブックマークに追加
 元フランス代表のティエリ・アンリ氏が、欧州サッカー連盟(UEFA)の指導者A級ライセンスを取得したようだ。自身のインスタグラム(@thierryhenry)で明かしている。

 現役時代、アーセナルバルセロナなどでプレーしたアンリ氏は、14年12月に現役引退を表明。引退後は『スカイ・スポーツ』で解説者を務めているのと同時に、アーセナルの下部組織でコーチも務めており、指導者としてのキャリアを歩み始めている。

 自身の『インスタグラム』で、A級ライセンス取得をサポートしたウェールズサッカー協会やアーセナルの下部組織に感謝を綴ったアンリ氏。プレミアリーグで指揮するにはUEFAのプロライセンスを取得しなければならないが、以前アメリカ紙『USAトゥデイ』で、「アーセナルを愛している。アーセナルを指揮するのは夢だ」と語っていた。夢の古巣指揮実現に向けてアンリ氏は一歩近づいたようだ。

[写真]ティエリ・アンリが自身の『インスタグラム』に投稿した写真(@thierryhenry on Instagram)

●プレミアリーグ2015-16特集

TOP