beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

バルサ、バルトラの移籍容認へ…マンUやトッテナムらが興味

このエントリーをはてなブックマークに追加

 バルセロナがスペイン代表DFマルク・バルトラの移籍を容認したようだ。英『サン』が報じている。

 下部組織出身のバルトラは、10年2月にトップチームデビュー。これまで公式戦100試合に出場しているが、DFジェレミー・マテューやMFハビエル・マスチェラーノからポジションを奪えず、今季のリーガ・エスパニョーラ出場は10試合で先発はわずか3試合にとどまっている。

 バルセロナとの契約は2017年までとなっているバルトラは、プレミアリーグでのプレーを望んでおり、マンチェスター・ユナイテッドトッテナムが興味を示している。また、プレミア以外のフィオレンティーナ(イタリア)やポルト(ポルトガル)もその動向を注視している。

●リーガ・エスパニョーラ2015-16特集
●プレミアリーグ2015-16特集


TOP