beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

FW船山が鮮やかボレー弾!! 千葉がホーム2連勝…横浜FCは3戦連続完封負け

このエントリーをはてなブックマークに追加

[3.13 J2第3節 千葉 1-0 横浜FC フクアリ]

 J2は13日、第3節を行い、フクダ電子アリーナではジェフユナイテッド千葉横浜FCが対戦。前半をスコアレスで折り返した試合は、後半20分にFW船山貴之のゴールで先制した千葉がそのまま逃げ切って1-0の完封勝利を収めた。今季初の完封でホーム2連勝を飾った千葉に対し、横浜FCは3試合連続完封負けとなった。

 ホームの千葉は6日に行われた第2節岡山戦(●1-2)から先発2人を入れ替え、MF長澤和輝とFW吉田眞紀人を先発起用。開幕2試合連続完封負けの横浜FCは、前節松本戦(●0-2)から先発3人を入れ替え、DFデニス・ハリロヴィッチ、MF野村直輝、FW大久保哲哉がスターティングメンバーに名を連ねた。[スタメン&布陣はコチラ]

 序盤からボールを保持したのはホームの千葉だが相手守備を崩し切れず、なかなかPA内までボールを運べない。一方の横浜FCは時おり繰り出すカウンターでゴールに迫ろうとするが、千葉の粘り強い対応に遭って決定機を創出することができず。しかし、徐々にシュートまで持ち込む場面を作り出すと前半36分にはDF田所諒が送ったクロスを大久保が落とし、飛び込んだ野村がヘッドで狙うもGK佐藤優也に阻まれる。千葉も同37分にCKの流れからDF阿部翔平がPA外から左足シュートでゴールを脅かしたが、こちらはGK南雄太に弾き出されてしまった。

 0-0のまま後半を迎えると後半9分、MF山本真希がミドルレンジからシュートを放つも、ボールは南の守備範囲に飛んでしまう。しかし、徐々に攻勢を強める千葉が同20分に先制に成功する。右サイドのDF多々良敦斗がクロスを送ると、ファーサイドで待ち構える船山が鮮やかなダイレクトボレーでネットを揺らしてスコアを1-0とした。

 まずは同点に追い付きたい横浜FCは後半23分に大久保に代えてFWイバ、同29分にはMF寺田紳一に代えてMF中里崇宏を投入して状況を打開しようと試みる。同36分にはFW小野瀬康介のスルーパスに反応したイバが飛び出した佐藤までかわすが、角度がなくてシュートまで持ち込めず。その後も横浜FCに押し込まれる時間帯が続いたものの、船山が奪った1点を守り抜いた千葉が1-0の完封勝利を収めた。

(取材・文 折戸岳彦)
●[J2]第3節2日目 スコア速報


TOP