beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

バルサは9季連続の8強入り、L・エンリケ「唯一当たりたくないのはバルサ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
[3.16 欧州CL決勝T1回戦第2戦 バルセロナ3-1アーセナル]

 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)は24日、決勝トーナメント1回戦第2戦の4日目を行った。バルセロナ(スペイン)はホームでアーセナル(イングランド)に3-1で勝利し、2戦合計5-1で9季連続の8強入りを決めた。

 試合後、バルセロナのルイス・エンリケ監督は「ルイス・スアレスリオネル・メッシネイマールは、お互いに敬意を持っているし、彼らが私達のアタッカーであることを非常に嬉しく思っている」と“MSNトリオ”揃い踏みで勝利した一戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。

 9シーズン連続での8強入りという偉業には「これはクラブがうまくやっているという意味だ。特に育成から育った選手達がよくやっているが、彼らが移籍してしまう状況もある」と言い、「これは私達を誇りに思わせてくれるデータだ」と胸を張った。

 準々決勝の組み合わせ抽選会は18日に行われる。会見で当たりたくない対戦相手について問われた指揮官は「唯一当たりたくないチームはバルサだが、バルサとは当たらないから…」とジョークを飛ばす余裕もみせた。

●欧州CL15-16特集
●リーガ・エスパニョーラ2015-16特集

TOP