beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ヤヤ・トゥレ、プレミア残留ならリバプール移籍か

このエントリーをはてなブックマークに追加
 今夏の移籍の可能性があるとされるマンチェスター・シティのMFヤヤ・トゥレだが、プレミアリーグに残留する場合、リバプールが第一候補に挙がっていると報じられた。『メトロ』がブックメーカーの『ラドブロークス』が最も可能性が高いと予想していると伝えた。

 シティとの契約は17年6月まで残っている。しかしシティが来季より現バイエルン指揮官のジョゼップ・グアルディオラ監督を迎えることが決定している。両者バルセロナ時代に確執があったと伝えられており、移籍の可能性は否定できない。

 トゥレ自身はプレミア残留を希望しているとも報じられており、そこでリバプールが第一候補として浮上しているのだ。オッズは6倍だという。マンチェスター・ユナイテッドとアーセナルが人気では続いているようだが、いずれも21倍のオッズを付けている。

●プレミアリーグ2015-16特集

TOP