beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ナビスコ杯の湘南vs神戸は福島で開催…東日本大震災の支援の一環として

このエントリーをはてなブックマークに追加

 Jリーグは22日、6月5日に行われるナビスコ杯グループリーグ第7節の湘南ベルマーレヴィッセル神戸を「とうほう・みんなのスタジアム」で開催することを発表した。

 湘南の公式サイトによると、今回の福島県でのホームゲーム開催は2011年3月11日に発生した東日本大震災の継続的な支援のひとつとして実施するもの。湘南はこれまで、サッカーを通じて福島県の子ども達への支援を『KIDS GUARD SHONAN』として継続的に行っていた。

 湘南は、「今回、子ども達へ日本のトップリーグの試合に触れる機会をつくりたいと考え、提携クラブである福島ユナイテッドFCと協力し、また対戦相手のヴィッセル神戸のご協力をいただき福島県にて開催するということが決まりました」と説明している。

 また、試合には福島県内の子どもたちを招待したり、試合前に前座としてサッカー教室を実施などの企画を予定している。


TOP