beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

中止されたベルギーvsポルトガル、一転ポルトガルのホームで開催へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
 ベルギーサッカー協会は23日、国内で発生した爆弾テロの影響で中止となっていたベルギー代表とポルトガル代表の国際親善試合をポルトガルのレイリアで開催することになったと発表した。

 今月29日にブリュッセルにあるキング・ボードウィン・スタジアムで開催予定だったが、22日に起きた爆弾テロの影響で一旦は中止を発表。しかし中止の発表から数時間後、新たに同日程でアウェー開催されると報告された。ホーム開催予定だった日時と同じく、現地時間29日の19時45分開始予定。

 同協会は「可能性を模索しながら、柔軟性を持った対応をし、我々の提案を受け入れてくれたポルトガルサッカー連盟へ感謝の意を示したいと思います。非常に困難で、感情的に難しい時期にも関わらず、このような対応をしてくださったポルトガル連盟にベルギー協会から心から感謝しています」と声明を発表した。

TOP