beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

負傷交代の山口蛍は鼻骨骨折および左眼窩底骨折

このエントリーをはてなブックマークに追加

[3.29 W杯アジア2次予選 日本5-0シリア 埼玉]

 日本サッカー協会は29日深夜、日本代表MF山口蛍(ハノーファー)が都内の病院で検査を受けた結果、鼻骨骨折および左眼窩底骨折と診断されたと発表した。

 山口はシリア戦の後半10分、MFハレド・アルムバイドと競り合った際に激しく交錯。相手の頭が顔面に入って鼻から流血し、そのまま担架で運び出された。山口は後半13分にMF原口元気と交代。試合後、救急車で都内の病院に搬送され、精密検査を受けていた。

(取材・文 西山紘平)

●ロシアW杯アジア2次予選特集
●ロシアW杯各大陸予選一覧


TOP