beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[デンチャレ]渡邉2GにFW土居は2G1A!関東Aは中国・四国に5発逆転!!関西と激突へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

土居や渡邉に負けじと守田(左)も1G1Aの活躍をみせた

[2.17 第31回デンソーカップチャレンジサッカー刈谷大会 関東A5-1中国・四国選抜 刈谷]

 第31回デンソーカップチャレンジサッカー刈谷大会が17日に開幕し、関東選抜Aは中国・四国選抜に5-1で勝利した。FW土居柊太(明治大3年=浜松開誠館高)が2得点1アシストし、MF渡邉新太(流通経済大3年=新潟ユース)も2得点の活躍。

 開始2分に中国・四国選抜がMF梶山勝矢(IPU・環太平洋大3年=高知中央高)のゴールで先制に成功。しかし同22分に関東Aが追いつく。渡邉が「五分五分のボールだった」と振り返ったように、PA内で流れたボール。「触れば相手が足を出してくると思った。それで足を出してきたので狙い通りという感じでしたね」。相手DFのファウルを誘ってPKを獲得。渡邉が自ら決め、試合を振り出しに戻した。1分後の前半23分には逆転に成功。土居の右クロスから飛び込んだ渡邉が頭で合わせた。

 その後も関東Aは10番を着けるMF西澤健太(筑波大2年=清水ユース)が幾度もチャンスメイクをするなど流れを離さない。守備に追われる場面はほとんどなかったものの、キャプテンマークを巻いたDF坂圭祐(順天堂大3年=四日市中央工高)ら守備陣も集中力を切らさず。立ち上がりの1失点に凌ぎ、2-1で前半を折り返した。

 迎えた後半、関東Aは一気に3点を追加。後半7分、右CKからのゴール前混戦。ニアサイドのMF守田英正(流通経済大3年=金光大阪高)が頭で落とし、PA内のFW鈴木国友(桐蔭横浜大3年=相洋高)のシュートはDFに弾かれるが、ゴール正面で拾った土居が左足で叩いたボールは渡邉や相手選手の目前を抜けてゴールイン。「一応触ったんですが、ごっつぁんみたいな感じでした」という土居の一撃で3-1に突き放した。

 そして同19分には正面からドリブルで持ち込んだ鈴木が左サイドへ展開。抜け出たMF秋山陽介(早稲田大3年=流通経済大柏高)のマイナス気味のクロスに飛び込んだ守田がしっかりと頭で叩き込んだ。4-1と差を広げる。

 後半30分には、ここまで1得点1アシストしていた土居が再びネットを揺らす。鈴木からのパスを受けた守田がGKを引きつけて、技ありのパス。最後は土居が左足で決めた。「上手く連携のなかでPA内へ入っていって、いい形で崩せました。点を取るためにはPA内への侵入回数やシュート本数にもこだわっていかないといけない」と2得点1アシストの土居は言う。

 そのまま試合は終了。関東Aが5-1で逆転し、初戦を白星で飾った。一方、先制した中国・四国選抜だったが試合を通じてのシュート数は前半のみのわずかに2本。後半はシュートを打つこともできなかった。

 あす18日、関東Aは関西選抜と、中国・四国選抜は東海選抜と戦う。土居は関西戦へ向け、「関西勢という意味では明治大はインカレでも大阪体育大に負けていますし、去年のデンチャレでも関西に負けている。楽な試合にはならないと思うので、自分たちのサッカーを貫いて勝ちたいなと思います」と意気込んだ。


(取材・文 片岡涼)
●第31回デンソーカップチャレンジ刈谷大会特集


TOP