beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

狂気の打ち合い…シティがホームでモナコに5発先勝!

このエントリーをはてなブックマークに追加

とどめの5点目を奪ったMFリロイ・サネ

[2.21 欧州CL決勝トーナメント1回戦第1戦 マンチェスター・C 5-3 モナコ]

 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)は21日、決勝トーナメント1回戦第1戦を行い、マンチェスター・シティ(イングランド)はモナコ(フランス)と対戦し、壮絶な打ち合いの末に5-3で勝利した。第2戦は3月15日にモナコのホームで行われる。

 戦前の予想通り、序盤からシティがボール支配率でモナコを圧倒。しかし、モナコは組織的な守備でシティのパスワークをうまく誘導し、狙いを持ったボール奪取からカウンターでチャンスを量産していく。

 なかなかフィニッシュまで持ち込めないシティは、前半20分過ぎから攻撃時のみ左サイドバックのMFフェルナンジーニョが中盤の底に移動し、アンカーだったMFヤヤ・トゥレとのダブルボランチで攻撃を組み立てる。

 変則的なフォーメーションにまだ相手が対応できずにいた前半26分、ホームのシティが先制に成功。左サイドのMFリロイ・サネがルーレットや小刻みなタッチで複数のDFを置き去りにすると、MFダビド・シルバとのパス交換を経てPA内左に進入する。最後はサネの折り返しをMFラヒーム・スターリングが右足で押し込んだ。

 先制して波に乗るかに思われたシティだったが、勢いは長くは続かない。モナコは前半32分、前から追い込んでシティのボール回しを後退させると、GKウィリー・カバジェロのパスをMFファビーニョがカット。MFベルナルド・シルバとパス交換したファビーニョは、右サイドからGKとDFの間を狙った鋭いクロスを送る。ファーに飛び込んだFWラダメル・ファルカオがヘディングで押し込み、試合を振り出しに戻した。

 シティは直後の前半35分、サネからMFケビン・デ・ブルイネに縦パスが通り、トラップと同時に反転したデ・ブルイネは2タッチ目で前線につなぐ。受けたFWセルヒオ・アグエロがPA内中央で飛び出したGKダニイェル・スバシッチを左にかわそうとしたところで倒れるが、シミュレーションで警告を受けた。

 シティは選手たちの抗議もあり、その後のプレーで集中力が切れたのか、モナコが前半40分に一瞬の隙きを突いて逆転。自陣右寄りのハーフウェーライン付近でFKを得ると、ファビーニョが素早く裏へ浮き球のパスを送る。一発で抜け出したFWキリアン・ムバッペがPA内右から右足でシュートを放ち、GKカバジェロの頭の右横を抜いてゴールへと突き刺した。

 前半のシュート数はシティの2本に対してモナコは10本。後半もペースを握るアウェーチームは立ち上がりの後半3分、左クロスに反応したファルカオがDFニコラス・オタメンディに後ろからファウルを受け、PKを獲得する。ファルカオは自らキッカーを務めるも、ゴール右を狙った右足のシュートはGKカバジェロにセーブされてしまった。

 すると後半13分、スターリングの自陣でのパスカットからシティがカウンターを仕掛ける。スターリングの縦パスをアグエロが受け、PA内右から右足で放ったグラウンダーのシュートはコースが甘くなったものの、GKスバシッチが弾道を見誤って後逸し、シティがラッキーな形で2-2と同点に追いついた。

 ここから試合は目まぐるしく展開する。同点直後の後半16分、ファルカオがロングボールに抜け出してPA内左で相手DFとの1対1を迎えると、カットインしながら剥がし、右足でループシュート。見事にGKカバジェロの頭上を抜き、モナコが3-2と再び勝ち越した。

 それでもシティは後半26分、右CKからキッカーのD・シルバが左足でクロス。PA内中央でジャンプしたDFジョン・ストーンズには合わないが、その奥にいたアグエロが鮮やかな右足ボレーをゴール右に叩き込み、同点に追いつく。

 後半32分にはデ・ブルイネの左CKをニアのトゥレが頭でそらし、ファーのストーンズが今度は自身が押し込んで4-3と逆転。そして同37分、D・シルバの浮き球スルーパスからPA内左にアグエロが抜け出し、中央のサネにプレゼントパス。受けたサネは右足で確実にネットを揺らし、5-3と勝負を決定づけた。

 アウェーゴールを3つ許しながらも辛うじて勝ち切ったシティ。欧州CLでのホームゲーム10戦負けなし(7勝3分)とした。


●欧州CL16-17特集
●プレミアリーグ2016-17特集


TOP