beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

勝者のメンタリティ、ここにあり! 鹿島が2点ビハインドを跳ね返し清水に逆転勝利

このエントリーをはてなブックマークに追加

逆転ゴールを決めた金崎夢生のもとにチームメイトが駆け寄る

[3.18 J1第4節 清水2-3鹿島 アイスタ]

 J1リーグは18日、第4節を行った。IAIスタジアム日本平では清水エスパルス鹿島アントラーズが対戦し、壮絶な打ち合いの末に3-2で鹿島が逆転勝利した。

 『オプタ』によると、J1所属チームで一番黒星を喫している相手との対戦となった鹿島は前半17分、右サイドのスローインからFW鈴木優磨が丁寧に落とし、MF遠藤康が左足ミドルシュートも枠の上。同38分には、右サイドのDF伊東幸敏が上げたクロスの流れからFWペドロ・ジュニオールが横へ相手DFを剥がし、右足シュート。相手に当たったボールにDF山本脩斗が反応するも左足シュートは飛び出したGK六反勇治のブロックに阻まれた。

 押し込まれる時間帯が続いた清水だが、ワンチャンスをいかしてスコアを動かす。前半41分、GK六反のフィードからFW鄭大世が競り勝ち、ヘディングでゴー前につなぐ。すると、DF植田直通のクリアボールが至近距離でMF金子翔太に当たって、GKと1対1となり、金子が豪快に右足シュートを突き刺し、先制に成功した。

 1点ビハインドの鹿島は後半開始から山本に代えてDF西大伍をピッチに送り込み、右サイドの裏のスペースを突いて攻め立てるもなかなかチャンスを作れない。同20分には、ペドロを下げてFW金崎夢生を入れ、攻撃を活性化させた。

 清水は後半23分、MF野津田岳人が最終ラインの背後に浮き球パスを送り、左サイドの松原が抜け出すとPA左からグラウンダーのクロスを送る。これはGKクォン・スンテが弾かれ、これに詰めた金子の右足シュートは右ポストを叩いた。それでも同26分、鄭大世がPA手前からクロスを送ると、ゴール前でこぼれたボールを金子がタメを作って、ラストパス。後方から走り込んだMF白崎凌兵が左足で流し込み、リードを2点に広げた。

 しかし、ここから鹿島の怒涛の反撃が始まる。まずは後半29分、右サイド深くでFKを獲得し、遠藤がゴール前に蹴り込んだボールをDF植田直通が頭で合わせ、1点を返す。直後にMF小笠原満男に代えてMFレオ・シルバを投入すると、同34分には、左サイドからMF永木亮太が絶妙なクロスを供給し、ファーサイドのFW鈴木優磨がヘディングシュートを決め、2-2と同点。鈴木の公式戦3試合連続ゴールで試合を振り出しに戻した。

 さらに鹿島は後半40分、右サイドの遠藤が右足でクロスを上げると、西がスルーし、金崎が胸トラップから素早く右足を振り抜き、逆転。その後、清水に反撃を許さず、鹿島が王者のメンタリティで3-2と逆転勝利をおさめた。


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2017シーズンJリーグ特集ページ
●[J1]第4節1日目 スコア速報


TOP