beaconbeacon
TOP > NEWS > 記事詳細

“ツネ様”宮本監督、CB2枚退場に苦言「若さだけで片づけてはいけない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

宮本恒靖監督率いるガンバ大阪U-23は開幕2連敗となった

[3.20 J3第2節 G大23 0—1 相模原 吹田S]

 今季よりガンバ大阪U-23を指揮する“ツネ様”宮本恒靖監督の初勝利はまたもお預けとなった。鳥取との開幕戦を0-2で落としたG大阪U-23は、ホーム連戦となった相模原戦も0-1で敗戦。試合は後半にCBの2人、DF野田裕喜とDFペ・スヨンが退場するという難しいゲームになってしまった。

 宮本監督は「後半から少しやり方を変えて、これからどう試合が変わっていくかなという中で退場者が出てしまった」と厳しい表情で話すと、「野田に関しては同じようなプレー。スヨンに関しても1枚CBがいない中でああいうプレー(ハンド)をしてしまうというのは、若さだけで片づけてはいけない。サッカーの理解を伝えていかないといけない」とCBの大先輩としても、擁護することはなかった。

 当の野田も「判断ミスというか、行かなくてもいいプレーだった」と反省。「前半、不甲斐なかったので、一発目取ろうというところで、行かなくてもよかったのかなというミス。みんなに迷惑かけた」と声を落とした。

 キャプテンマークを巻いてプレーするMF森勇人はチーム全体で問題視する必要があると説く。宮本監督からは「全然よくない。トレーニングを何のためにやっているんだ」と喝が入れられたと話した森は、「野田とスヨンが悪いとかじゃなくて、何でああいう状況になってしまったのかをチーム全体で考えていきたい」と前を向いた。

(取材・文 児玉幸洋)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2017シーズンJリーグ特集ページ
●[J3]第2節3日目 スコア速報



TOP