beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

欧州で一本のシュートの大切さと練習の必要性を再確認したFW伊藤龍生、「絶対にプロになる」思い持ち続けて成長遂げる

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本高校選抜FW伊藤龍生はマインツ戦で決勝ゴールを決めた

第95回全国高校サッカー選手権の優秀選手中心に構成された日本高校選抜は4月13日から17日まで第55回デュッセルドルフ国際ユース大会に出場し、3勝1分1敗の成績で5位に入った。

 FW伊藤龍生(米子北高→鹿屋体育大)はマインツとの第2戦で決勝ゴール。チームを勝たせ、また大会を通じて献身的なプレーを貫いたFWが日本高校選抜の活動で学んだことや今後に活かしたいことについて語った。

以下、伊藤コメント

伊藤龍生
―高校選抜の活動で学んだことについて教えてください。
「一本のシュートというのは米子北の時から意識していたんですけど、その意識してきたことがこの選抜に入ってまた分かったし、まだまだ練習が足りないということもこの活動で気づくことができました。もっと大学で頑張らなければならないと思うことのできる、良い活動になりました」

―ひとつのチャンスで決めてチームを勝たせたことも、ひとつのチャンスで決めれきれないことも経験した。
「海外に入るまでの段階でも得点はできていたんですけれども、得点を取れなくなった時にどうやらないといけないかとかも気づけたので良かったと思います」

―この経験を今後どう活かしていきたい?
「海外で通用した部分は自分の自信でもあるので、その自信ついたプレーというのをもっと日本で活かして、絶対にプロになるという気持ちだけは持ち続けて頑張っていこうと思います」

(取材・文 吉田太郎)
●日本高校選抜欧州遠征特設ページ


TOP