beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

FW安藤瑞季が欧州遠征で学んだ「強い相手だからこそ立ち向かってチャレンジする」ことの大切さ

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本高校選抜で得た経験、友情に感謝したFW安藤瑞季

 第95回全国高校サッカー選手権の優秀選手を中心に構成された日本高校選抜は4月13日から17日まで第55回デュッセルドルフ国際ユース大会(ドイツ)に出場し、3勝1分1敗の成績で5位に入った。

 日本高校選抜のエースストライカーとして期待されたFW安藤瑞季(長崎総科大附高3年)はポストプレーや守備の面で奮闘。最終戦の5位決定戦で待望の初ゴールを決めて欧州遠征を終えたFWが、日本高校選抜の活動で学んだことや今後活かしたいことについて語った。

以下、安藤コメント

●FW安藤瑞季
―PKではあったけれど、5位決定戦で初ゴールを決めた。
「今日最終的にPKでしたけれど、(大塚)諒くんのおかげで1点取れたことは嬉しかったですね。今日は全体的にも抜け出しだったり、全体的にプレーが良かった。デカイ相手に対して足元ではなく、裏で自分の得意なスペースでもらえたのは大きかったと思う」

―流れの中で1点取れることができなかったが、良い形で欧州遠征を終えることができた。
「流れの中で点取れなかったのは悔しいですけれど、最後負けなくて終われたことは大きい。チームとしてはいい結果で終われたので、納得することができました。来年もできればこの舞台に戻ってきて、次は自分の力で点を取れるように頑張りたいです」

―改めて、高校選抜の活動で学んだことについて教えてください。
「学べたことは自分の中で負けん気ですね。相手が強くてそれに屈して自分ができないと思ったら何もできないと思うし、強い相手だからこそ立ち向かって、チャレンジするその気持をなくしたらダメだと思いました」

―今回の欧州遠征の経験を今後どう活かしていきたい?
「このメンバーでやるのは最後になってしまうと思うんですけど、ここで得た友達は一生関わっていく人達だと思います。本当に出会えたこと、一緒にサッカーできたことに感謝してみんなに『ありがとう』という言葉しかないですね」

―「安藤と友達なんだぞ」と自慢できるような選手にならないと。
「ビッグにならないと。頑張ります!」

(取材・文 吉田太郎)
●日本高校選抜欧州遠征特設ページ


TOP