beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「結果を残さなアカン!!」…川崎F阿部、移籍後初弾で「ちょっとホッとした」

このエントリーをはてなブックマークに追加

移籍後初ゴールを決めた川崎フロンターレMF阿部浩之(右)

[4.21 J1第8節 川崎F2-2清水 等々力]

 ようやく待望の瞬間が訪れた。今季G大阪から川崎フロンターレに加入したMF阿部浩之は開幕スタメンを飾るなど出場機会をつかんでいたものの、負傷離脱期間もあってリーグ戦での得点はゼロだった。

 負傷明けの阿部は前節途中出場で戦列に復帰すると、清水戦では先発に復帰。左サイドハーフの位置に入った阿部は、「そろそろ結果を残さなアカンと思っていた」と移籍後初ゴールへの意欲を燃やしていた。前半14分に先制点を許し、1点のビハインドを背負って迎えた後半17分、ついに阿部の左足から得点が生まれる。

 右サイドでボールを受けたMF三好康児が切り返してゴール前に視線を送ると、「三好が中を見て、さらしながらボールを持っていた。あとは相手を外すだけだった」とマーカーを外して、フリーで三好のクロスに反応。「良いボールが来たので、大振りせずに当てるだけ、枠を捉えることだけを意識してシュートした」。左足ダイレクトで鮮やかに合わせたボールは、ゴールマウスに吸い込まれて自身移籍後初ゴールが生まれた。

「納得していない。あまりきれいじゃなかったし…」と振り返りつつも、「初めてのゴールは早くほしかったので、どんなゴールでも1点は1点。だから、ちょっとホッとしています」と安堵の表情を浮かべた。

 しかし、後半28分にMF中村憲剛のゴールで勝ち越しに成功しながらも、後半アディショナルタイムに痛恨の失点を喫してチームは2-2で引き分けたこともあり、「もったいないというか、残念なゲームだった」と悔しさを滲ませると、「これから積み重ねられるように頑張りたい」とチームを勝利に導く得点を積み重ねようと意気込んだ。

(取材・文 折戸岳彦)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2017シーズンJリーグ特集ページ
●[J1]第8節1日目 スコア速報



TOP