beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

欧州での活躍光ったMF金子大毅はプロ入りした市船勢に離されないように「より考えて、より練習に励んで行かないと」

このエントリーをはてなブックマークに追加

欧州遠征での活躍が目立ったMF金子大毅

 第95回全国高校サッカー選手権の優秀選手中心に構成された日本高校選抜は4月13日から17日まで第55回デュッセルドルフ国際ユース大会(ドイツ)に出場し、3勝1分1敗の成績で5位に入った。

 MF金子大毅(市立船橋高→神奈川大)はデュッセルドルフ国際ユース大会で特に印象に残ったプレーヤー。中盤や最終ラインを幅広くカバーし、相手ボールを幾度も奪い取るなど活躍の光ったボランチが、日本高校選抜の活動で学んだことや今後活かしたいことについて語った。

以下、金子コメント

●MF金子大毅
―高校選抜の活動で学んだことについて教えてください。
「私生活の部分でもそうですし、サッカーの部分ではリーチが長い相手だったり、勝負強さだったり、そういうことは本当に身にしみて感じられたかなと思います」

―今回の欧州遠征の経験を今後どう活かしていきたい?
「ここで学んだことを大学の練習だったりに活かして行って、その中で目標に向かって一歩ずつ進めればいいと思います」

―他の市船勢に負けないように。
「環境が違うので、特にあの2人(杉岡大暉と原綺輝)は成長レベル、速度が違うくらい。自分は結構もう離されていると思うんで、でも焦らず、やるべきことをやって対等にできるくらいにしていきたい」

―世界レベルの相手と十分にやれた。自信を持っていいはず。
「できた部分もあるんですけれども、原も(J1でゴールを)決めていましたし、これよりも高いレベルでやっている。一緒にやっていたプレーヤーだけれども、今は結構差はついているんだろうなと考えているんで、人一倍、より考えて、より練習に励んで行かないと、追いついたり、逆転したりすることは難しいと思うので、練習から意識してやっていきたいです」

―大学で関東選抜に入るなどしながら、一つひとつ階段を上がっていく。
「そういうところに入って行って、より高いレベルでできることが近道だと思うので、貪欲に狙っていきたいです」

(取材・文 吉田太郎)
●日本高校選抜欧州遠征特設ページ


TOP