beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「これ以上話したくない…」グリエーズマン、インタビューを40秒足らずで切り上げる

このエントリーをはてなブックマークに追加

アントワーヌ・グリエーズマンがまた去就問題に触れられ、イラッ

 22日のリーガ・エスパニョーラ第33節アトレティコ・マドリーは敵地コルネジャ・エル・プラットでのエスパニョール戦を1-0で制した。この試合の決勝点を記録したFWアントワーヌ・グリエーズマンは、エスパニョールに苦戦を強いられながらも、勝ち点3を獲得したことに満足感を表している。

 フランス代表FWは、この試合をスペインで放送した『Beinスポーツ』とのフラッシュインタビューで、次のようにコメントした。

「苦しめられることは分かっていた。彼らはホームでとても強いチームだから。1-0として、その後は我慢の時間を過ごすことになった。でも、それも普通のことなんだ。これだけの試合数をこなしていけば、苦労を強いられるのは当たり前なんだよ。重要なのは勝ち点3を獲得したことだ」

 そしてインタビュアーから「あまり話したくないことだと思いますが、あなたの先の去就に関する発言は、悪いようにも解釈されましたね。それを撤回することや、何か言いたいことはありますか?」と質問されたグリエーズマンは、「これ以上話したくない」と返答して、即座にその場から立ち去った。フラッシュインタビューは通常1~2分をかけて行われるが、今回は40秒足らずで終了する事態となっている。

 グリエーズマンに対しては、マンチェスター・ユナイテッドチェルシー、さらにはアトレティコの宿敵レアル・マドリーからの興味が噂されている。同選手は先に、レアル移籍の噂について「僕から何かを否定することはない」と語り、この発言が物議を醸していた。


●リーガ・エスパニョーラ2016-17特集
世界のサッカー情報はgoal.com


TOP