beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

C・ロナウドとF・トーレスがビッグマッチで舌戦「このピエロめ」「家に帰るんだな、バカ野郎」

このエントリーをはてなブックマークに追加

舌戦を繰り広げたFWクリスティアーノ・ロナウドとFWフェルナンド・トーレス

 決勝を懸けた一戦で、レアル・マドリーアトレティコ・マドリーの両軍はヒートアップしていた。そんななか、レアルFWクリスティアーノ・ロナウドとアトレティコFWフェルナンド・トーレスは試合中に激しい口論を交わしていたようだ。

 今季のチャンピオンズリーグ準決勝では、マドリッドに拠点を置く2クラブが激突。10日の第2戦ではアトレティコが2-1で勝利したが、第1戦を3-0で制していたマドリーが2試合合計スコア4-2で決勝に駒を進めている。

 スコアが2-1となったところでF・トーレスとC・ロナウドは舌戦を繰り広げていた。F・トーレスが「どうしんたんだよ、このピエロめ」とC・ロナウドを小突くと、C・ロナウドは「家に帰るんだな、バカ野郎」と応じ、一時両者は一触即発の状態となった。

 そこでジュネイト・チャキル主審が2人の間に割って入り、事態を収めた。だが不満を溜めたF・トーレスは「イホ・デ・プータ(『売春婦の息子』の意で、最大級のスラング)」と口元で囁き、C・ロナウドへの怒りをぶちまけている。


●欧州CL16-17特集
●リーガ・エスパニョーラ2016-17特集
世界のサッカー情報はgoal.com


TOP