beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「キメ顔いただき」韓国入りした久保建英、同部屋は“チーム2番目の年少FW”

このエントリーをはてなブックマークに追加

最年少のFW久保建英はチームで2番目に若いFW田川と同部屋に

 U-20W杯メンバーに飛び級で招集された最年少のFW久保建英(15)は、大会が行われる韓国でFW田川亨介(18)と再び同部屋になったようだ。

 田川は韓国入り後、自身のインスタグラム(@tagawakyosuke)を更新し、ベッドの上で腕を組んだ久保の写真とともに、「韓国に来ました!W杯頑張ります!!写真は久保建英くんです〜 静岡合宿に引き続き同部屋です笑」と報告している。

 1999年2月11日生まれで18歳の田川は、15歳の久保に次いでチーム内で2番目に若い。ハッシュタグでも「#チームで年が1番若い2人」と付け加え、他にも「#キメ顔いただいちゃいました」「#W杯」「#頑張る」と書き綴った。

 U-20W杯に出場するU-20日本代表は同日に日本から韓国へ移動し、約1時間のトレーニングを実施。5大会ぶり9度目の出場となる本大会ではグループDに入り、21日に南アフリカ、24日にウルグアイ、27日にイタリアと対戦する。


●U-20W杯韓国2017特集ページ


TOP