beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

セルタ戦でまたも輝いたイスコ「ジダンのおかげでトップコンディションが保てている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

好調を維持するMFイスコ

 レアル・マドリーは、17日に行われたリーガ・エスパニョーラ第21節延期分でセルタに4-1と勝利した。MFイスコジネディーヌ・ジダン監督の手腕を称えている。

 負傷により長期離脱しているMFガレス・ベイルに代わり、すっかり先発に定着したイスコは、セルタ戦でも輝いた。FWクリスティアーノ・ロナウドの先制点をアシストすると、圧巻は2点目の場面。中盤でセルタDFを2人抜き去ってカウンターを仕掛け、C・ロナウドのゴールをお膳立てした。

 イスコは試合後、「もう一つの決勝戦に勝つことができた。あとは最後の一押しを残すのみだ」と口を開いた。「マラガ戦も、今日と同じくらい難しい試合になる。だけど僕たちはモチベーションに満ちているよ」と述べ、次のように続けている。

「クリスティアーノと理解し合うのは、簡単さ。ゴール前までボールを運んで、残りの作業(得点)は彼に任せればいい。彼はトップコンディションにある。まるで飛行機のようだ」

「クリスティアーノだけじゃなく、全選手がそういう状態だけれどね。ジダンのローテーションのおかげで、僕たちは2冠の可能性を残している」


●リーガ・エスパニョーラ2016-17特集
世界のサッカー情報はgoal.com


TOP