beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

アーセナルの状況を注視するバルサ、CL出場権逃せばベジェリン獲得に本腰か

このエントリーをはてなブックマークに追加

アーセナルで不動の右SBとなったDFエクトル・ベジェリン

 アーセナルが、UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)の出場権を獲得できるかどうか。それはバルセロナにとっても、重要な意味を持つことになるかもしれない。

 スペイン『ムンド・デポルティボ』によると、来季に向けてサイドバックの補強を検討しているバルセロナは、MFセルジ・ロベルトの代役となる獲得選手を決断したという。その選手とは、アーセナルDFエクトル・ベジェリンだ。

 バルセロナは、すでにベジェリン側と接触している模様だ。現時点でアーセナルと2022年まで契約を結ぶベジェリンの移籍金は、5000万ユーロ(約62億円)に上るといわれている。

 しかしながら、バルセロナはアーセナルがCL出場権を逃せば、ベジェリンの移籍金を引き下げられると踏んでいる。17年連続出場を果たしてきたCLへの参加が途絶えれば、アーセナルの主力引き留めが難しくなると考えているようだ。


●プレミアリーグ2016-17特集
●リーガ・エスパニョーラ2016-17特集
世界のサッカー情報はgoal.com


TOP