beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

異色のルーキー慶大MF杉本崇太朗、名古屋U18“控え”からのステップアップ

このエントリーをはてなブックマークに追加

順調にステップアップしている慶大MF杉本

[5.14 関東大学L第5節 筑波大0-0慶應義塾大 味フィ西]

 “異色のルーキー”が存在感をみせている。関東大学リーグも開幕から5試合を終え、輝かしい経歴を誇る1年生たちが続々と大学サッカーデビューした。そんななか、中学・高校と出場機会に恵まれなかった一人のMFが着実に出場時間を伸ばしている。慶應義塾大のMF杉本崇太朗(1年=名古屋U18)。14日に行われた筑波大戦では3戦連続の先発出場。クロスバー直撃の強烈なシュートを放つなど輝きを放った。

 小学校から高校まで名古屋グランパスの下部組織で育ってきた。しかし名古屋グランパスU18所属の昨季を振り返っては「いい思い出はあまりなくて、悔しい思い出しかなくて……」と語る。実際に昨季のプレミアリーグEAST全18試合での杉本の内訳は先発が4試合、途中出場5試合、ベンチ入りも出番なしが5試合、ベンチ外が4試合という、いささか寂しいもの。

 幼いときから過ごしてきた名古屋での最終戦となった東福岡高戦では、ベンチ入りも出番なし。仲間の戦いを見つめるだけで“引退”のときを迎えた。「小学校からずっと名古屋でやってきて、最後にプロには上がれず。でも名古屋でやってきたものを最後の試合でやりきりたいなと思っていたのですが、アウェーの東福岡戦で自分はベンチでただただ見ていることしかできなくて。そういう悔しい思いしかしてこなかったんです」。

 それでも「中学や高校のとき、サッカーだけをやっていてもあまり可能性もないように感じた時期もありましたし、勉強はサッカーをやっていたとしても大事なことだと思うので、それは続けていこう」と考え、法学部のAO入試(FIT入試)を受験。進学先の慶大で須田芳正監督の目に留まったことで状況は大きく変わっていった。

 開幕戦で早くもベンチ入りを果たすと、第2節・東京国際大戦に後半16分から送られて大学リーグデビュー。そして第3節から第5節まで先発起用されているのだ。本人も「全然……まじで思っていなくて、今までの経験からそんなに上手くいかないだろうなと、腐らずにコツコツやっていこうと」と思った矢先の“まさか”のスタートとなった。

 起用を続ける指揮官は「攻撃のところで彼のカットインからのシュート。あそこでボールが落ち着く。攻撃のところですごくいいものを持っていておもしろい」と絶賛。高校時代はおもに控えだったことは知らなかったようで、「えぇ……?ずっと出ているかと思っていました」と驚愕。

「いいでしょ、彼。トップ下でも左サイドでもどこでも出来ると思うけれど、僕は左利き独特の右サイドでボールをもらって、シュートも打てるし、スルーパスもできるし、逆に展開もできるし、あれが好きなので。右サイドで使っていますけど。シュートとかもいいですよ。今日もポストに当たったのを打っていたし楽しみです」と今後へ期待を寄せる。

 とはいえ杉本が浮つくことはない。「中学・高校と悔しい思いをしてきたので、今は須田さんがチャンスを下さって、出してもらっていることに感謝してやっていきたいです。自分が今のところ点を取ったり、何かをしたわけではないので、試されている感じだと思う。何の保証もないので日々全力で練習していくしかないなと思っています」と慎重に語った。

 過去の経験が気を引き締めさせているのに加え、ライバルの存在もいい刺激となっているようだ。2試合連続で同級生のFW松岡瑠夢(1年=FC東京U-18)と途中交代している状況ゆえに「同じ学年の瑠夢とだいたい交代になるんですが、あいつは高校時代はFC東京U-18の10番でフットサル代表にも選ばれるような“バケモノ”だったので、そんな簡単にこのポジションを保てるわけではないと思う。怪我している上手い先輩もいるので、もっともっとアピールしないといけないです」と自身に言い聞かせるように話すとおりだ。

 大学4年間はこの先も長く、厳しい競争が待っている。名古屋時代のような思いをするときだって、やってくるかもしれない。それでもきっと何よりも過去の苦い経験が自身を支えてくれるはず。ベンチで唇噛んで見続けたピッチ。今度はそこに立つ番だ。

(取材・文 片岡涼)


TOP