beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

岐阜連覇を狙う帝京大可児DF長澤大輝「自分はカバーリングが一番得意。しっかりチームに貢献していきたい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

帝京大可児高の守備の柱、DF長澤大輝

 平成29年度全国高校総体「はばたけ世界へ 南東北総体2017」サッカー競技(宮城)の岐阜県予選2回戦が20日に行われ、連覇を目指す帝京大可児高は大垣日大高と対戦する。17日に『NIKE ACADEMY TOKYO supported by JYD』のトレーニングセッションを受けたDF長澤大輝(3年)が主にフィニッシュをテーマとして行われたトレーニングの感想と総体予選への意気込みを語った。

●DF長澤大輝(3年)
―フィニッシュの部分が強調されたトレーニングだったが?
「攻撃の重心の取り方だったり、裏への抜け出しとか、DFでもそういうところをしっかりと自分の中に取り入れることができたかなと思いました。チームでボールを動かしてゴールを奪うというところではシュートまでの動き出しをチームで考えて行けたらいい」

―普段からやっている1タッチのゲームがより具体化されたと。イメージが深まったのでは?
「3対3のシュートに入るまでの流れで、1タッチで動かしてからのシュートまでのボールのタッチの仕方とかは凄く良かったんじゃないかなと思います」

―インターハイ予選は相手に守りを固められる中でどう相手を崩してこじ開けられるか。いいトレーニングになったのでは?
「そこは良かったと思います。1タッチのプレーはみんなで意識していることなので」

―プリンスリーグはグランパスや静岡学園と引き分けたり、いい入りができている。
「引き分けで良かったところもあるんですけど、しっかり勝ちきれた試合もあったので、それはしっかり反省してインハイに向けて自分は守備なのでしっかり意識してやれたらいいと思っています」

―今年のチームの良さは?
「守備の切り替えだったり、前のスピード感、カウンターだったりの速さはあると思う」

―個人としてはどのような部分で貢献したい?
「(帝京大可児は)前で攻撃にかかわる選手が多いので、後ろのところで取られた時の守備でチームを支えてそこから攻撃に参加できるようにしていきたい」

―スピードやカバーリングが特長。
「自分はカバーリングが一番得意だと思っているのでそこはしっかりチームに貢献していきたい」

―昨年のインターハイはどのような大会だった?
「1日目の流れは良かったんですけど2日目で疲れもあったりとかあった。(全国大会は)連戦があるので気を引き締めて一日一日大事にしていきたいです」」

―今年の目標は?
「全国優勝したいです」

(取材・文 吉田太郎)
●【特設】高校総体2017


TOP