beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[総体]ユース取材ライター陣が推薦する総体予選注目の11傑vol.3

このエントリーをはてなブックマークに追加

川端氏が推薦するMF高橋大悟(神村学園高)

特集企画「ユース取材ライター陣が推薦する『全国高校総体予選注目の11傑』」

 ゲキサカでは熱戦展開中の平成29年度全国高校総体「はばたけ世界へ 南東北総体2017」サッカー競技都道府県予選の注目選手を大特集。「総体予選注目の11傑」と題し、ユース年代を主に取材するライター陣に総体予選注目の11選手を紹介してもらいます。第3回はサッカー専門新聞『エル・ゴラッソ』元編集長で育成年代からJリーグまで幅広く取材し、各種媒体に寄稿、またゲキサカでコラム「東京五輪への推薦状」を連載中の川端暁彦氏による11名です。

川端暁彦氏「U-17・18の日本代表の選手たちはゲキサカ読者ならば皆さんご存知だろうということで彼らは今回選外としつつ、“予選の11傑”ということを意識して全国経験の乏しいチームからも積極的に選んでみました。知名度はまだまだない選手も多いですが、いずれもキラリと光る何かを持ったタレントたちです」

以下、川端氏推薦の11名
GK緑川光希(昌平高)
「藤島崇之監督の言葉を借りれば、『あれほど能力の高いGKを観たことがない』ということになる。確かに上背はないのだが、スピード、技術、度胸の3拍子をそろえる好GK。またPK戦も『練習では弱いが、本番では強い』(同監督)」

DF酒井綜一郎(慶應義塾高)
「技術的な精度と身体的な強度を兼ね備えるDFであり、中盤でもプレーできるオールラウンダーで、関係者の評価も高い。昨年度は見事な初出場を果たしたが、『連続出場』のプレッシャーに打ち克てるかも注目だ」

DF山口晏侍(藤枝東高)
「元々はボランチだったが、そのときから秀でた空中感覚を活かしたヘディングの強さには定評があった。今季は主将としてチームを引っ張る。藤高健児としての3年目、集大成のシーズンでの躍動に期待が掛かる」

DF早坂翼(平塚学園高)
「知る人ぞ知る平塚の隠れ好選手だ。『絶対に負けない』と豪語するヘディングの強さに加えて、左利きとしての長所を知り尽くしたような持ち上がりからスルーパスやサイドチェンジを鮮やかに通してみせる現代的なCBだ」

DF土田亘彦(北越高)
「1年次から出場を重ねてきた新潟のレフティーボンバーも最終学年を迎え、集大成の年になる。最大の売りである高精度な左足のロングキックはもちろん、今季は精神面でチームを引っ張っていくような働きを見せられるか」

MF江口隆史(明徳義塾高)
「ルーキーとして出場した高校選手権で8強入りの快挙を為し遂げてから2年。181cmの大型ながら繊細なタッチから鋭いスルーパスを繰り出す“ジダン系”のセントラルMF。今季は大ブレイクもありそうだ」

MF森口滉平(健大高崎高)
「ベルベットタッチから繰り出すスルーパスでスタンドを沸かせる群馬の隠れた逸材だ。広い視野を活かした深みのある展開を見せる。立ち姿を含め、どこか若き日の中村憲剛を思い出させるものがある」

MF高橋大悟(神村学園高)
「鹿児島が育てたマジカルレフティーが夏の総体に挑む。最大の武器であるドリブルに加えて周囲を活かすパスも冴えるようになり、より完成された選手になってきた。左足から繰り出されるFK・CKにも要注目」

FW梶谷政仁(正智深谷高)
「グニャグニャとした不思議なタッチと体の使い方でボールを巧みに収め、『周りが見える』(小島監督)能力を活かして攻撃の起点となりつつ、フィニッシュにも絡む。今季は負傷で出遅れただけに、総体で借りを返したい」

FW町野修斗(履正社高)
「両足から繰り出される破壊的なシュート力を武器に天下取りを狙う履正社のエース。スピーディーな立ち回りの中でもストンとボールを収めてしまうテクニックは必見だ。ムラっ気もあるが、ハマればスペシャル」

FW白井海斗(清水桜が丘高)
「小さな体に圧倒的に大きな勝負魂を秘める名門の看板タレント。大瀧雅良監督はそのルーキーイヤーから『試合を決める力がある』とその才覚を信じて成長を促してきた。ゴール前ではその動き出しを含めて見逃すな」

執筆者紹介:川端暁彦
 サッカー専門新聞『エル・ゴラッソ』元編集長。2004年の『エル・ゴラッソ』創刊以前から育成年代を中心とした取材活動を行ってきた。現在はフリーランスの編集者兼ライターとして活動し、各種媒体に寄稿。著書『Jの新人』(東邦出版)。

●【特設】高校総体2017
東京五輪への推薦状-by-川端暁彦


TOP