beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

14年なでしこMVP、1月に浦和L電撃退団の後藤三知の新天地はスペインのソシエダに決定

このエントリーをはてなブックマークに追加

ソシエダに入団が決まったFW後藤三知

 浦和レッズレディースは7日、昨季限りで退団していたFW後藤三知の所属クラブがスペインのソシエダに決まったと発表した。

 後藤は三重県出身。今月27日で27歳になる。女子サッカーの名門・常盤木学園高から2009年に浦和Lに入団。なでしこリーグ通算140試合で28得点を記録。14年にはなでしこリーグの最優秀選手に輝いた。

 しかし今年1月に浦和Lを退団することを電撃発表。クラブを通じ「また新たな世界を知り、心からワクワクするような自分であれるよう、人としても、選手としても、成長していきたい」とコメントしていた。

●なでしこリーグ2017特設ページ


TOP