beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[なでしこリーグ杯]浦和LがGL突破を決める:第7節

このエントリーをはてなブックマークに追加
 なでしこリーグ杯1部の第7節が8日と9日に行われた。

 A組は敵地でAC長野パルセイロ・レディースに2-1で勝利したジェフユナイテッド市原・千葉レディースが2位に浮上。千葉Lは前半終了間際にDF櫻本尚子がFKを頭で合わせて先制。後半6分にはFW安齋結花が右足でゴールネットを揺らすと、長野Lの反撃を終了間際の1点で凌いだ。

 もう一試合は最下位のアルビレックス新潟レディースがホームでノジマステラ神奈川相模原に1-0で勝利。後半34分にDF瀬倉春陽が奪った得点が決勝点になった。

 首位の日テレ・ベレーザは試合がなかった。

 B組はINAC神戸レオネッサ浦和レッズレディースが抜け出しているが、今節はその両チームが激突した。

 試合はINACが前半31分にFW増矢理花のゴールで先制。しかし浦和Lは同44分にFW菅澤優衣香が決めて前半のうちに同点に追いつくと、後半13分には途中出場のFW白木星が右足弾を決めて逆転勝ちした。勝ち点を14に伸ばした浦和Lが、同13のINACをかわして首位を逆転。準決勝進出も決めた。

 もう一試合はASエルフェン埼玉がホームでベガルタ仙台レディースに1-0で勝利。終了間際の後半アディショナルタイム2分にMF薊理絵が決勝点を奪った。AS埼玉は仙台Lを逆転して3位に浮上した。最下位の伊賀フットボールクラブくノ一の試合がなかった。

 第8節は15日と16日に行われる。


●なでしこリーグ2017特設ページ


TOP