beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

得意のセットプレーがまた炸裂!丸岡を下した阪南大高が“前回王者”との3回戦へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

得点を喜ぶ阪南大高の選手と応援団

[7.30 総体2回戦 丸岡高0-2阪南大高 仙台市泉総合運動場泉グラウンド]

 平成29年度全国高校総体 「はばたけ世界へ 南東北総体2017」サッカー競技(宮城)は30日、各地で2回戦を行った。仙台市泉総合運動場泉グラウンドの2試合目では、阪南大高(大阪2)が丸岡高(福井)を2-0で下した。31日の3回戦では前回王者の市立船橋高(千葉2)と対戦する。

 1回戦・日本文理(新潟)戦にセットプレーからの3ゴールで勝利した阪南大が、この日も得意の形で先手を取った。前半13分、ゴール右斜め前でファウルを受けると、FKキッカーのMF中村成龍(2年)がゴール前にロングパス。FW村岸俊吾(3年)が頭でそらすと、DF吉田伸弘(3年)がヘディングで決めた。

 さらに前へ出る阪南大は前半26分、追加点を奪取。中央でボールを持ったFW和田育(2年)が中村にパスを送ると、再び浮き球のリターンパスを受ける。前に持ち出した和田が2戦連発弾となるゴールを左足で決めた。

 1回戦・秋田商(秋田)戦をスコアレスドローのPK勝利で突破した丸岡はこの日もゴールが遠い。シュート3本を放ったFW和田伊利都(3年)を中心に攻め込んだが、最後まで得点を奪えず、試合は0-2のまま終了した。

 今季から高円宮杯プレミアリーグWESTに初参戦している阪南大は初のベスト16入り。得意のセットプレーを引っさげ、2010年以降3回の優勝を誇る王者が待つ3回戦に臨む。

●【特設】高校総体2017


TOP