beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

2度追いついた磐田、ACL出場権争いに踏みとどまる勝ち点1(20枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 J1第30節が21日に開催され、ジュビロ磐田はホームでアルビレックス新潟と2-2で引き分けた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2017シーズンJリーグ特集ページ
写真を見る
photo-news
磐田が終了間際に追いつく粘りを見せた
photo-news
アグレッシブな戦いを見せた両チーム
photo-news
新潟が2度リードしながらも磐田が追いつき、2-2で勝ち点1を分け合った
photo-news
5戦負けなし(2勝3分)の磐田はACL圏内の3位横浜FMと勝ち点4差の6位につけ、ラスト4試合に臨む
photo-news
チームトップの11得点を記録しているFW川又堅碁
photo-news
ゴールこそなかったが、前線で体を張って貢献した
photo-news
右サイドでスプリントを繰り返したDF櫻内渚
photo-news
DF森下俊は後方から正確なパスを供給
photo-news
ボランチの位置からゲームを組み立てたMF川辺駿
photo-news
チーム最多となる3本のシュートを放つなど、ゴールへの積極性も見せた
photo-news
相手の攻撃を潰しつつ、果敢に前へ飛び出したMFムサエフ
photo-news
ゴール前でフィジカルの強さを発揮
photo-news
MF宮崎智彦は左ウイングバックやボランチをこなしながら、攻撃の起点として機能
photo-news
前線の選手顔負けの攻撃センスを示したDF高橋祥平
photo-news
GKカミンスキーは処理の難しいボールにも冷静に対応
photo-news
MF山田大記は後半19分に投入されるも、大きなインパクトを残せず
photo-news
山田と同時間にピッチへ送られ、攻撃を活性化しようとしたMF松浦拓弥
photo-news
MF上田康太は後半31分に川辺との交代で途中出場
photo-news
後半アディショナルタイム4分に左サイドのFKから左足でピンポイントのクロスを送り、アダイウトンの劇的ゴールを演出
photo-news
名波浩監督は「本当に上を目指したいんだったら、もっと皆が厳しくやらないといけない」と気を引き締めた

TOP