beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

勝負強いチームに変わった大阪桐蔭、激戦区の覇者として日本一に挑戦(20枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 第96回全国高校サッカー選手権大阪府予選決勝が11日に行われ、履正社高大阪桐蔭高が対戦。大阪桐蔭が2-1で勝ち、9年ぶり2回目の全国大会出場を決めた。

▼関連リンク
●【特設】高校選手権2017
★日テレジータスで「高校選手権」地区大会決勝を全試合放送!11/20(月)14時~運命の「抽選会」を生中継!
写真を見る
photo-news
右SB深澤佑太(2年)は決勝点をアシスト
photo-news
飛び出したGK藤本諒哉(3年)がパンチ
photo-news
攻守に奮闘光ったMF北田大亜(3年)
photo-news
CB田中智也(3年)がスライディングでインターセプト
photo-news
左SB加藤宙(3年)が縦パスを狙う
photo-news
相手の攻撃を跳ね返したCB赤澤大志(2年)
photo-news
左サイドからドリブルで運ぶFW西山翔大(2年)
photo-news
FW木村勇大(2年)が身体を張ってボールキープ
photo-news
MF大深拓海(3年)がボールに絡む
photo-news
後半、前線に入ったFW今井健太(2年)
photo-news
MF新侑大(3年)は後半37分から出場
photo-news
チームを引き締めるFW奥田優人(3年)
photo-news
永野悦次郎監督は「この子ら、すごく成長してきているなと感じますね」
photo-news
テクニシャンの北田が献身的な守備で貢献
photo-news
GK藤本は勝負どころで好セーブも
photo-news
守備の中心として優勝に貢献したCB田中
photo-news
深澤は正確なキックなど勝利に貢献するプレーを見せた
photo-news
加藤はピンチで素晴らしいクリアも
photo-news
いろいろな人たちに支えられての優勝
photo-news
大阪代表としての責任感を持って戦い、日本一を勝ち取る

TOP