beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

最大派閥G大阪、東京五輪世代“一番乗り”DF初瀬ら6人が調整(16枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 EAFF E-1選手権に出場する日本代表が5日、都内で合宿2日目の練習を行った。

●EAFF E-1選手権2017特集ページ
写真を見る
photo-news
G大阪からは最多6人が選出された
photo-news
東京五輪世代初のA代表入りを果たしたDF初瀬亮(G大阪)
photo-news
戦術練習では右サイドバックでプレー
photo-news
左右から蹴り出す正確なキックが持ち味
photo-news
FW倉田秋(G大阪)とマッチアップ
photo-news
紅白戦では2列目の左でプレーした
photo-news
MF今野泰幸(G大阪)とボールを追う
photo-news
最年長の今野はメンバー最多となる日本代表通算90試合に出場
photo-news
バヒド・ハリルホジッチ監督から指導を受ける場面も
photo-news
北朝鮮戦先発が濃厚なMF井手口陽介(G大阪)
photo-news
中盤でボールを刈り取る
photo-news
初キャップが迫るDF三浦弦太(G大阪)
photo-news
9日の北朝鮮戦でスタメン入りの可能性も
photo-news
ロシアW杯へ最後のアピールの場となる今大会で序列を覆す
photo-news
シュートをストップするGK東口順昭(G大阪)
photo-news
ロシアW杯メンバー入りを目指し、ギアを上げる

TOP