beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

「契約より口約束のほうが重い」内田篤人が“約束”の鹿島復帰(20枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 鹿島アントラーズは10日、茨城県内のホテルで2018シーズン新体制・新加入選手発表会見を行い、新加入選手5人が出席した。

●2018シーズン新体制&背番号一覧
●2018年Jリーグ移籍情報
写真を見る
photo-news
7年半ぶりに鹿島に復帰したDF内田篤人
photo-news
ドイツ2部ウニオン・ベルリンからの完全移籍で古巣に戻ってきた
photo-news
10年7月にシャルケに移籍して以来、8シーズンぶりのJリーグ
photo-news
背番号は自身の移籍後、空き番号となっていた2番に決まった
photo-news
「鹿島を出るときから、体が動くうちに戻ってきたいと思っていた」
photo-news
愛着ある古巣への復帰に迷いはなかった
photo-news
もともとシャルケとの契約が満了する今年6月のタイミングでJ復帰を考えていたという
photo-news
ケガや移籍もあり、当初の“予定”からは半年早まったが、既定路線とも言える復帰だった
photo-news
鹿島の強化責任者である鈴木満常務とはシャルケ移籍時から「戻ってきます」と“約束”していた
photo-news
「軽い口約束だったけど、契約より口約束のほうが重かった」
photo-news
ドイツでの7年半で世界と日本との差を実感
photo-news
だからこそ「それを見てきた選手が日本に帰ってきてプレーするべきじゃないか」
photo-news
今年3月で30歳
photo-news
半年後に控えたW杯も頭にはあった
photo-news
15年6月に右膝を手術してから約3年間で公式戦出場はわずかに3試合
photo-news
それでも「向こうでも練習からガツガツやってきた」とコンディションへの不安を否定
photo-news
「半年、時間はある。戻せる時間はある」と完全復活への自信も口にした
photo-news
ロシアW杯のメンバー発表まで残された代表戦は3月のみ
photo-news
「日本人ならいいんですもんね?」と3度目のW杯を諦めるつもりはない
photo-news
「日本国民全員がライバルだと思っている。高校生も、おじさんも、全員呼ばれるかもしれないんだから」

TOP