beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

市立尼崎GK山下、PK失敗後に2本ストップ!(5枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 6月8日、平成30年度全国高校総体「2018彩る感動 東海総体」サッカー競技(インターハイ、三重)兵庫県予選準決勝が行われ、滝川二高市立尼崎高が激突。市立尼崎が1-1で突入したPK戦を9-8で制した。市立尼崎は決勝で敗れ、準優勝に終わっている。
●【特設】高校総体2018
写真を見る
photo-news
PK戦10人目、市立尼崎GK山下颯太(3年)が左へ跳んでストップ
photo-news
この瞬間、市立尼崎の決勝進出が決まった
photo-news
山下は8人目として臨んだPKを失敗
photo-news
だが直後に自ら止めると、もう一本止めて勝利の立役者に
photo-news
チームに不安を与えたことを反省。勝利にも気を引き締めていた

TOP