beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

“融合”進む森保ジャパン…初陣で存在感示した9選手(18枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 日本代表は10日、新潟市内で合宿3日目の練習を行い、12日のキリンチャレンジカップ・パナマ戦(デンカS)に向けて調整した。

●アジアカップ2019特設ページ
写真を見る
photo-news
引き続き10番を背負うMF中島翔哉
photo-news
ロシアW杯組も加わり、どんな融合を見せるか
photo-news
9月のコスタリカ戦でA代表初ゴールを決めたMF南野拓実
photo-news
背番号は8番から9番に変更となった
photo-news
コスタリカ戦で先発デビューを果たしたMF堂安律
photo-news
今度は代表初ゴールを狙う
photo-news
森保J初陣でキャプテンを務めたMF青山敏弘
photo-news
森保監督の愛弟子がチームを引っ張る
photo-news
コスタリカ戦は左サイドバックで先発したDF佐々木翔
photo-news
3バックならストッパーでも左ウイングバックでもプレー可能
photo-news
森保J初陣で右サイドバックを務めたDF室屋成
photo-news
幼なじみの南野とともに代表定着を目指す
photo-news
コスタリカ戦では槙野とセンターバックを組んだDF三浦弦太
photo-news
3バックなら中央に入る可能性も
photo-news
MF伊東純也は森保J初陣のコスタリカ戦で代表初ゴール
photo-news
途中出場ながら国際Aマッチ4試合目の出場で初ゴールをマークした
photo-news
コスタリカ戦は途中出場だったMF三竿健斗
photo-news
7対7のミニゲームでは3バックの一角に入る場面も

TOP