beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

伝統校・米子東、鳥取商を3発撃破も準決勝で涙(10枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 20日、第97回全国高校サッカー選手権鳥取県予選準々決勝が行われ、米子東高が3-1で鳥取商高を撃破。米子東は続く準決勝で敗れている。
●【特設】高校選手権2018
写真を見る
photo-news
選手権出場8回の伝統校、米子東。準々決勝を突破したが、続く準決勝で涙
photo-news
鳥取商は試合終盤に意地の1点を奪った
photo-news
米子東の守備の中心として勝利に貢献した主将でCBの松林真伸(左)
photo-news
前半、米子東のCKのチャンスで、鳥取商の守備陣も懸命に対応
photo-news
劣勢の鳥取商にあってフルタイム出場で奮闘したMF吉田陵叶(左)
photo-news
後半の米子東のCKのチャンス。後方のスタンドでは横断幕とともに応援団の熱い声援
photo-news
後半、右サイドからの仕掛けで何度か良い形を作った米子東MF前田凌
photo-news
0-3とリードされた鳥取商は後半35分、岸本颯太(6番)がゴール前の混戦から蹴り込んで1点を返す
photo-news
ゴール前のボールキープからチャンスをうかがう米子東MF中本翔眞
photo-news
鳥取商は試合終了間際、追撃の1点を決めた岸本(6番)がFKを直接狙ったが、上に外れて決まらず

TOP