beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

「信じて走った」瀬戸内MF吉田寛太がジャンプ一番、決勝ヘッド!!(8枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 第97回全国高校サッカー選手権の準々決勝が5日に行われ、瀬戸内高(広島)は日本航空高(山梨)に1-0で勝利した。
(写真協力・高校サッカー年鑑)

●【特設】高校選手権2018
写真を見る
photo-news
MF吉田寛太(3年)が前半37分に決勝ゴールを記録
photo-news
左サイドからのクロスに高いジャンプで合わせ、ヘディングシュートを決めた
photo-news
自身のゴールによってベスト4進出
photo-news
「上がってくるなと思って信じて走ったら、ボールが来て触るだけだったので良かったですね」と振り返った
photo-news
インサイドハーフを担った吉田
photo-news
厳しいマークを受ける中、ワンチャンスを生かした
photo-news
値千金の決勝ゴール
photo-news
埼玉スタジアムで行われる準決勝でも活躍を誓う

TOP