beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

泥臭く守り勝った尚志、7年ぶり4強!青森山田との東北対決へ(20枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 第97回全国高校サッカー選手権準々決勝が行われ、等々力陸上競技場では尚志高(福島)と帝京長岡高(新潟)が対戦し、尚志が1-0で勝利した。

●【特設】高校選手権2018
写真を見る
photo-news
泥臭く、最後まで守り切った尚志
photo-news
出場できない選手のためにも力を出し切った
photo-news
尚志のスターティングイレブン
photo-news
猛攻に耐え、歓喜の瞬間を迎えた
photo-news
鋭い読みでピンチを何度も救ったFW大川健(3年)
photo-news
DF陣を中心に体を張り、猛攻を耐え凌いだ
photo-news
制空権を握り、強さを発揮したDFフォファナ・マリック(3年)
photo-news
GK森本涼太(3年)はファインセーブも見せ、無失点に貢献
photo-news
FW二瓶由嵩(3年)は絶妙なスルーパスで決勝点を演出
photo-news
スピードに乗って右サイドを切り裂くMF加瀬直輝(3年)
photo-news
エース封じを担ったDF高橋海大(3年)
photo-news
DF石川竣祐(3年)は鋭い右クロスを配給した
photo-news
センターバックが釣り出されたスペースをカバーしたMF坂下健将(3年)
photo-news
DF沼田皇海(3年)は攻撃を跳ね返し続けた
photo-news
MF吉田泰授(3年)は引き締まった表情
photo-news
初先発のMF富岡理久(3年)は仕事を全うした
photo-news
トラップでボールをおさめるFW伊藤綾汰(3年)
photo-news
MF河村匠(3年)はベンチスタートとなったが、途中出場で勝利に貢献
photo-news
4強に導いた仲村浩二監督

TOP