beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

選手権16強の長崎総科大附は貪欲に成長遂げて全国上位へ(21枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 九州新人大会2年連続4位の宮崎日大高(宮崎)と選手権16強の長崎総合科学大附高(長崎)が3日、宮崎日大の“人工芝グラウンド完成記念”の交流試合で対戦し、宮崎日大が1-0で勝利。新グラウンドのオープニングマッチを白星で飾った。
写真を見る
photo-news
長崎総科大附の先発メンバー
photo-news
CB、ボランチに入って好守を見せていた川中翔真(2年)
photo-news
MF大門蓮(2年)が右サイドからクロスを上げる
photo-news
長身GK梶原駿哉(1年)はファインセーブも見せた
photo-news
FW一宮優斗(1年)は高いキープ力を発揮。決定的なシュートも
photo-news
MF酒井駿(2年)がくさびにパスを入れる
photo-news
背後へのボールに対応するCB朴宰賢(2年)
photo-news
左SB山田知太(1年)が前線へボールを蹴り出す
photo-news
右サイドから攻め上がるSB桑野将成(2年)
photo-news
MF小田晃暉(1年)が左サイドでボールキープ
photo-news
前線でFW岩見海斗(1年)がボールを落とす
photo-news
ゴール前でポジションを争うMF坂本匠(2年)
photo-news
FW安積琉樹(2年)は決定的な右足シュートを放った
photo-news
交代出場でCBに入った鐘江悠(2年)
photo-news
FW近江光(2年)がスペースへ飛び出す
photo-news
長身ストライカー、FW吉岡樹生(1年)
photo-news
GK梶原駿哉が飛び出しからパンチ
photo-news
一宮優斗は鋭い仕掛けでゴールを目指した
photo-news
中盤に入り、ボールを奪い取っていた川中翔真
photo-news
サイドから仕掛ける大門蓮
photo-news
選手たちにアドバイスを送る小嶺忠敏監督

TOP