beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

“公立の雄”大津が熊本制覇、20回目のインターハイへ:熊本(16枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 6月5日、令和元年度全国高校総体(インターハイ)「感動は無限大 南部九州総体2019」サッカー競技(沖縄)熊本県予選決勝が行われ、昨年全国8強の大津高が1-0で熊本学園大付高に勝利。2年連続20回目の全国大会出場を決めた。
●【特設】高校総体2019
写真を見る
photo-news
大津が20回目のインターハイへ
photo-news
プレミアリーグで戦う“公立の雄”
photo-news
中盤で非常に気の利く動きを見せていたMF藤井瑛斗(2年)
photo-news
左サイドで攻撃力を発揮したSB鵜木晴志(3年)
photo-news
CB金子遼太郎(2年)は冷静な守備が光る
photo-news
対人に強く、安定感の高いSB本多陸也(2年)
photo-news
全国制覇が目標
photo-news
プレミアリーグWESTでも優勝争いを展開中
photo-news
DF野田昌秀(3年)は守備を固めた
photo-news
U-16日本代表候補のルーキー、MF森田大智(1年)
photo-news
DF野口陸斗(3年)は試合終盤に投入された
photo-news
攻撃を組み立てるMF藤井瑛斗
photo-news
優勝を喜ぶイレブン
photo-news
苦しい戦いを勝ち抜いた
photo-news
全国大会でも“公立の雄”の戦いが注目される
photo-news
今年は守備力の高さもウリ。大津がチーム全員で全国に挑む

TOP