beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

白熱の茨城国体ウイイレ…手に汗握る展開に会場も大熱狂(24枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 第74回国民体育大会「いきいき茨城ゆめ国体」(茨城国体)の文化プログラムとして「全国都道府県対抗eスポーツ選手権2019 IBARAKI」が5、6日に茨城県のつくば国際会議場で開催された。

●茨城国体 全国都道府県対抗eスポーツ選手権2019ウイニングイレブン(ウイイレ)部門
写真を見る
photo-news
ウイニングイレブンが茨城国体の文化プログラムとして開催
photo-news
PK戦で固唾をのむ
photo-news
惜しいシーンでは溜息も
photo-news
ゴールシーンでは全身で喜びを表現した
photo-news
47都道府県から48チーム(開催県の茨城県のみ2チーム)が参加
photo-news
全チーム分のユニフォームが用意された
photo-news
5日にはグループリーグが、6日は決勝トーナメントが行われる
photo-news
細かい戦術で勝利を目指した
photo-news
高校生年代が出場する「少年の部」
photo-news
青森県代表が決勝に駒を進めた
photo-news
試合は3人協力プレイのCO-OPモードで行われる
photo-news
たった1人の実力者だけでは勝ち進めず、3人の連係が大きく勝敗を左右した
photo-news
年齢制限なしの「オープンの部」では全国のウイイレ猛者が登場
photo-news
優勝候補の一角として挙げられていた大阪府は準々決勝で敗退に
photo-news
開催県の茨城県第1代表は決勝進出を決める
photo-news
笑顔が絶えない茨城県第2代表
photo-news
準々決勝は大逆転で勝利を飾った
photo-news
チームを率いる酒井聖太(中央)
photo-news
「少年の部」準決勝では長崎県代表が奮闘
photo-news
茨城県第1代表とPK戦にもつれ込んだ
photo-news
11人目のキッカーまで続いたPK戦を制した長崎県代表
photo-news
地元開催の茨城県第1代表は落胆
photo-news
悔しさを滲ませる
photo-news
涙も流れた

TOP