beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

昨季王者の貫禄! リバプールが3連勝で首位浮上…伊東純也のゲンクは“奇策”実らず(16枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)のグループE第4節が5日に行われ、リバプール(イングランド)はホームでFW伊東純也所属のゲンク(ベルギー)に2-1で勝利した。

●海外組ガイド
●ベルギー・リーグ2019-20特集
●プレミアリーグ2019-20特集
●チャンピオンズリーグ(CL)19-20特集
●世界最高峰の戦いを見逃すな!!“初月無料”DAZN独占配信
写真を見る
photo-news
昨季王者のリバプールが2-1でゲンクを退けた
photo-news
普段は4-4-2の右サイドハーフを務めているFW伊東純也だが、この日は5-3-2の2トップとしてプレー
photo-news
裏へのランニングだけでなく、相手DFと果敢に競り合うなど前線で奮闘
photo-news
リバプールは3連勝でグループ首位に浮上し、最下位のゲンクは4戦勝ちなし(1分3敗)となった
photo-news
本拠地アンフィールドにゲンクを迎えたリバプール
photo-news
伊東は守備的な布陣を敷くゲンクの最前線に配置された
photo-news
スピードを生かして相手の背後を突くシーンもあったが、得点には絡めず
photo-news
リバプールは前半14分、PA内左に進入したミルナーの折り返しが相手に当たり、こぼれ球をMFジョルジニオ・ワイナルドゥムが押し込んで先制
photo-news
ワイナルドゥムとパフォーマンスを行うDFフィルヒル・ファン・ダイク
photo-news
ゲンクは1失点で耐えると、前半40分に左CKからニアのFWムブワナ・サマッタがヘディング
photo-news
豪快に叩き込んで同点とした
photo-news
追いつかれたリバプールだったが、後半8分にサラーのパスを受けたMFアレックス・オクスレード・チェンバレンが振り向きざまに左足でシュート
photo-news
ゴール右隅に突き刺さり、2-1と勝ち越しに成功
photo-news
決勝点をアシストしたFWモハメド・サラーは多くのチャンスに絡んだ
photo-news
開幕黒星スタートだったリバプールは、そこから3連勝を達成
photo-news
ついに昨季王者がグループ首位に立った

TOP